前へ
次へ

医療事務として行なうことができる仕事

一口に医療事務と言っても実に多くの業務があり、そこではいろいろな仕事が行なわれています。
例えば、病院やクリニックに来院すると最初に訪れる受付では、保険証の確認や患者の情報の登録、また患者の病状に適した診療科への案内などが受付業務として行なわれることになっています。
また医療事務が行なう業務の中には外来クラークと呼ばれるものがありますが、これは大規模の病院内に設けられた診療科ごとの受付での仕事となります。
具体的には、診察室への案内やカルテの準備、次回の診察の予約など、患者がスムーズな診察を受けられるようサポートするのが主な仕事となっています。
さらに、患者の診察後に診療内容に沿って医療保険の点数を計算する会計業務も、医療事務が行なうことができる大事な仕事の一つです。
これらのほかにも入退院受付業務と呼ばれるものがあり、患者の希望に沿って入院日の調整をしたり病棟への案内をすることに加えて、入院費用の請求書を作成することも行なわれています。

Page Top