前へ
次へ

医療機関で働く夜勤の看護師が気を付けるべきこと

医療の現場に休みはなく、夜の時間帯でも多くの看護士が働いているのが現状です。
とは言え、日勤の場合とは生活のリズムが大きく異なるため、体調管理をしっかりと行なう必要があります。
夜勤中に仮眠できる時間があるとしても、基本的には夜のほとんどの時間は起きていて仕事をすることになります。
そのため、その日の夜勤に備えて十分の睡眠をとっておかなければなりません。
質の良い仕事をするために、是非とも昼間のうちに質の良い睡眠を十分に取っておくよう心がけましょう。
加えて、休みの日には上手にストレスを発散しておくことも、夜勤に携わる看護師として質の良い仕事をするのに助けになります。
建設的な趣味を持つのもいいですし、気の置けない友人と出かけたりショッピングを楽しんだりして気分転換を図るのもいいでしょう。
さらに、夜勤中の休憩時間に食べる物に気を付けることによって、自分の体重をきちんと管理することも大切です。
こうした面で注意することによって、体調を崩すことなく夜勤看護師としての務めを果たすことができます。

Page Top